JUNMAの一口馬主収支記録

一口馬主のリアルな収支を公開しています。

一口馬主〜クラブ選び、出資馬選びのポイント〜

こんばんは、ジェーです。

 

本日は、ジェーが応募時に調べた事や、

実際馬主ライフをしていく中で感じたギャップ等を紹介していきます。

 

2019年5月現在、数多くあるクラブや募集馬。

その中から、1頭を決めていくにはどこに注目すれば良いのか。

少しでもご参考になればと思います。

 

まず、馬に出資する上で、ポイントとなるのは下記です。

①予算

②血統

③厩舎

④馬体

 

①〜③に関しては、クラブによって傾向を分ける事が出来ます。

④に関しては、基本的に無料なので、

気になったクラブにカタログを取り寄せてみましょう^ ^

 

〜高額馬〜

・G1馬の排出も多く、勝ち上がり率も高いが、

元値を回収出来る確率は低い。

回収出来る馬は、大きく上回る傾向もあるので、一発を狙うならばここから選ぶのがおススメです。

①1/400なら30万、1/40なら300万円ほど

種牡馬だけでなく、母にも拘るならばやはり高額馬から選ぶ事になります。

③厩舎も第一線級の厩舎が多いですが、その分維持費も高くなる傾向があります。

 

-代表的なクラブ-

・キャロットクラブ(400口)

ダービー馬レイデオロ等を排出。

一口当たり6万〜25万円ほど

 

・サンデーTC(40口)

3冠馬オルフェーヴル等を排出。

一口当たり50万〜250万円ほど

 

〜少額馬〜

・回収率が高く、レース数も多い傾向がありますが、1勝も出来ずに引退する馬を多くいます。

レース出走手当だけでも、最低限回収が出来るので、

複数買いをし、毎週レースを楽しみたい方や回収率重視の方にオススメです。

①1/400なら5万円ほど

種牡馬はクラブ特有の馬から、名の知れた馬まで多様。母は、クラブ保有の場合が多い。

③一流厩舎の場合、勝てる見込みが薄かったり、高額馬が優先されてると感じる場合もあります。加入クラブと相性の良い厩舎を探してみると良いと思います。

 

-代表的なクラブ-

・ノルマンディーオーナーズクラブ(400口)

直近3世代にて、回収率1位。

一口2万円〜4万円ほど

 

もっと詳しく知りたい方は、

一口馬主DBさんなどが詳しく載せているので、

こちらから見てみて下さいね🏇

 

では、また次回もよろしくお願ます^_^