JUNMAの一口馬主収支記録

一口馬主のリアルな収支を公開しています。

第2世代の幕開けの前に

こんばんは

 

社会人4年目に突入したジェーといいます。

 

ジェーが競馬に魅了されたのが5年前。

初めはお金を楽に稼ぎたい。

そんな事を思い、友達とレースを観に行く様になりました。

しかしG1等でカッコよく活躍する馬を観ている内に、純粋に競馬が好きになっていきました。

過去のレースや、馬に携わる話を知っていく内に、いつかは自分の馬を持ち、自分の馬がレースに出走するのを見てみたい。

そして、優勝した時には今馬券で勝つよりも、

きっと比べ物にならない感動が待っているだろう。

 

そう思い馬主を目指しましたが、調べてみると、とても今のジェーには手に届きそうにない条件がズラーッと並んでました。

(継続的に得られる所得金見込が1700万円以上や資産が7500万円以上など)

お金持の方で、一口馬主じゃなく馬主になるぞという方はジェーのブログではなく、

こちらを見て、詳しい条件等を見て下さい。

 

その後も相変わらず、馬主へ憧れを抱いたまま、キタサンブラック北島三郎さん等を羨ましく思っていました。

そんなジェーが一口馬主になったのは1年半ほど前です。

馬主を諦めきれず調べている内に、一口馬主の存在を知りました。

丁度馬券が上手くいっていた事もあり、

数万円で馬主になれるなら是非なりたいと思い、維持費について等はあまり調べずに、

当時回収率が一番高かった、ノルマンディーオーナーズクラブ様へ入会しました。

 

そして現在は2016年度産駒を6頭。

2017年度産駒を3頭所有しております。

 

しかし、実際一口馬主ライフを行ってるいると馬代を回収出来ても、意外と維持費がかさむなーと思った事や、

レースでの収入が増えて来た事もあり、

実際のとこ、一口馬主は儲かるのか。。。

と気になっている方、

趣味として、愛馬を持ってレースや馬主ライフを楽しみたい!

という方に向けて、

実際、一口馬主になるとどのくらいお金が必要なのか。

レースによる賞金はどのくらい貰えるのか。

そういった、リアルな収支を公開していこうと思います。

 

また、愛馬についてレビューする事で、

実際に勝ち進んでいった馬。

勝つ事が出来なかった馬。

選ぶ際、どこに注目し、どこが気になったか。

そんな実体験をと共に、レース結果を公開していく事で、馬選びの参考になればと思います🐎

 

それでは、よろしくお願いします^ ^