JUNMAの一口馬主収支記録

一口馬主のリアルな収支を公開しています。

収支推移(ノルマンディーオーナズクラブ 2016年度産駒)

こんばんは、ジェーです。

 

本日は、予告通りに一口馬主を始めてから、

収支にどの様な動きがあったかを、月毎にまとめてみたいと思います。

 

f:id:JUNMA:20190423234540p:image

こちらは前回の記事でも張り出した画像です。

結論からだすと、見たいている通り、

3歳までは、収入が殆どなくほぼ間違いなく赤字となります。

(もし、PC環境やスマホで画像が見れない方居たら、コメントで教えて頂けると幸いです。)

f:id:JUNMA:20190504175231p:image

グラフにすると見て頂いた通り、

3歳前後から、レース結果にも差が出て、収支が全然かわってきます。

クラブでの募集は、第一〜第一四募集で時期が分かれて行われた為、購入時期でも収支の流れが少し変わってきております。

途中で途絶えている緑の線は、既に登録取消になってしまったサゼラック号の物です。。(笑)

全頭が、オルダージュの様に好走してくれていれば、心穏やかなんですけどね(笑)

そして、高い馬が走るとも限らずそこが難しい所です。

さて、次はこれらの出費が、何に対して支払われたのか、時系列と共にざっと説明していきます。

 

〜馬主デビュー時〜

多くのクラブが馬が1歳〜2歳の春ごろまで、

馬主募集をしております。

第一募集〜何段階かに分けて募集されますが、

第一募集に近いほど、仕上がりが早い傾向にあります。最終的には個体差なので、

勿論第四募集にも、デビューが早く好走している馬はいます。

ジェーの加入しているクラブは、1/400の一口馬主なので初期費用に関しましては2万5000円前後の支払いでした。

しかし、厳密に言うと、ここから一括支払いの特典で10%OFFなので、2000円程価格を抑えて購入する事が出来ています。

会費を合わせて、1頭あたり入会金10000円+馬代で初期4万円程の価格でしたね。

 

〜レースに向けた準備期間〜

一口馬主は、初期の馬代を除き、殆どの場合2歳の1月から支払いが開始します。

維持費は馬代1000円、会員費1000円初月には保険料がかかるので、3000円程の支払いでした。

 

その後デビューか近づき、トレーニングセンターに入ると1500円程毎月支払いが生じました。

 

早ければ、デビューは日本ダービーが終わった翌週です。(2歳の5月頃にはデビューが始まります。)

しかし、ジェーの持った馬の場合は最速で2歳の10月、一番遅くで3歳の3月デビューでした。

 

平均すると、デビューは11月前後が多いと思います。

デビュー戦は、未勝利戦と比べ、

賞金が高いので、ここで上位に食い込む事が最初の運命の分かれ道となります。

 

デビュー戦7着、同じ月に2レース目未勝利戦を2着を取ったオルダージュはその月6,658円の収入、1,457の出費でした。

 

簡単はまとめるとこうなります。

初期費用

・4万円の出費

・維持費1年ほどは毎月2000円(計2万円程)

 

一番稼いでいる馬を例に出しましたが、レースに月1回出走出来るレベルまで来ると、収支がマイナスになる事は殆どなくってきます。

なので、予算を組む際は、馬代+維持費1年半を目安にしておくと良いと思います🐎

 

収入には勿論期待しますが、ジェーの持ち馬にはいませんでしたが、故障の可能性もあるので、あくまでも予算を組む際には見込まない事がオススメです。

一口馬主の収支 ノルマンディーオーナーズクラブ2年目

こんばんは、ジェーです。

 

いよいよですが、ノルマンディーオーナーズクラブ様にて、一口馬主を始めて1年と4ヶ月ほど。

これまでにいくら出費があり、それに対していくら賞金が返って来ているのかを公開します。

名前の隣の数字は過去のレース順位です。

1着-2着-3着-4着-5着-6着以下

どのような結果で、どのくらいの収支なのかご参考にして下さい。

 

f:id:JUNMA:20190422204338p:image

f:id:JUNMA:20190422204631p:image

 

下記6頭が2016年産駒。現3歳世代です。

エンシェントロア 0-0-0-2-0-0

出資累計:40,590円

収入累計:  5,842円

収支累計:-34,748円

 

 

オルダージュ 1-2-1-1-0-1

出資累計:42,530円

収入累計:27,767円

収支累計:-14,763円

 

サゼラック 0-0-0-0-0-2

出資累計:36,015円

収入累計:  9,714円

収支累計:-26,301円

 

フェアザスピリッツ 0-0-0-0-0-1

出資累計:39,852円

収入累計:  1,472円

収支累計:-38,380円

 

ラヴィブリランテ 0-0-1-0-0-0

出資累計:44,010円

収入累計:  3,517円

収支累計:-40,493円

 

ミニオンペール 0-0-0-2-0-1

出資累計:36,175円

収入累計:  6,759円

収支累計:-29,416円

 

2016年度産駒累計 1-2-2-5-0-5

出資累計:239,172円

収入累計:55,071

収支累計:184,101円

 

下記3頭が2017年度産駒。現2歳世代です。

コーラルグリッタ

出資累計:24,958円

収支累計:-24,958円

 

ジェルヴェーズ

出資累計:34,651円

収支累計:-34,651円

 

ニシノマイヒメ

出資累計:39,773円

収支累計:-39,773円

 

2017年度産駒累計

出資累計:99,382円

収支累計:99,382円

 

どうでしょう(笑)

見て頂いた通り、全頭かなりの赤字なのが現状です。。。

2017年度産駒は、デビュー前の時期で、収入が無いのはしょうがないですけどね。

 

因みにですが、上から2頭目のオルダージュに関しましては、2019年4月22日現在。

同世代、全766頭中現在17位の回収率です。

17位の回収率であっても、3歳になったばかりだと黒字化にはなれないんですね。

 

逆に、上から3頭目、サゼラックという馬はデビューからビリが続き、既に中央競馬の登録が解除された馬です。

その為、今は地方競馬で頑張っておりますが

(そちらでも常にビリ争いみたいですが。。)

今後は維持費や賞金は一切入りません。

過去2走の賞金としては、ほとんど収入はなく、12月に登録解除による入金、4月に引退分配金が入金されております。

掲示板にも入らない馬はこのくらいマイナスで終わってしまいましたねヽ(;▽;)ノ

 

と、まあここまでマイナス要素を書いて来ましたが引退してしまったサゼラック号を除けば、

まだまだこれからが勝負の世代です。

初の出資で、クラブのエース級と最低レベルの馬に出資出来たのはいい経験になったと思っていいでしょう。

 

なりより全頭デビューは無事に終えていますし、

既に1勝しているオルダージュは、もう一度勝てば、プラスが見えてくる額まで来ました。

他の馬も、稼ぎ始めてくれた所なのでこれからのレースに期待ですね。

 

これからどんどん、出走状況やその結果による収入を更新していくので、よろしくお願いします🐎

 

次回は、実際に費用かかり始める2歳馬から現在までの収支の動きを乗せていきます。

一口馬主の一般的な収入

こんにちは、ジェーです。

 

今日2回目の更新ですが、

本来の目的である、リアル収支記事を書く前の、下準備なので手短に済ませます(笑)

 

一口馬主の収入関して、

3点に分けて説明していきます。

 

①レース賞金

1番夢があり、メインの収入源となります。

出資した競走馬がレースで、1着から5着(所謂掲示板)に入れば貰える賞金です。

馬券と違い、3着ではなく5着まで貰えるのが有難い所ですね!

勿論、着順やレースのランクにより賞金は異なります。

具体的な例をだすと

未勝利   :5着で50万   1着で500万

オープン:5着で115万 1着で1150万

常に上記の金額な訳ではありませんが、

このくらいの違いがあると認識して下さい。

 

そしてGⅠクラスで優勝すれば、最大なんと3億まで賞金は跳ね上がります‼️

 

賞金の内30%〜40%ほどは、調教師さんや、手数料で持っていかれる為、残りを一口馬主で分け合います。

募集時に満口にならなかった馬も、

残りはクラブ側で買い取るので、募集時の口数で割る事になります。

 

詳しく額を知りたい方は、JRAさん側でも、

賞金シュミレーターを出しているので、

調べてみて下さい。

 

②出走手当

有難い事に、レースに出走するだけでも頂ける手当がございます。

例えビリになってしまっても40万前後。

6着〜8着に入ればプラスで優勝賞金の5%ほど頂けます。

出走手当に関しては、1着馬との差によって、

半額支給になるケースもありますが、

数百円は貰えるので、積もれば大きい差になってきます。

 

③引退時

馬に勝てる見込みが無い場合や、

順調に走り、高齢になった場合等いつかは全ての馬が引退してしまいます。

この時にも、150万円前後の抹消給付金がJRAより、支給されます。

また故障してしまった場合はや死亡の場合は保険金。

種牡馬繁殖牝馬に上がる場合や地方競馬に移籍する場合には売却金が支払われます。

 

 

強い馬を所有するに越したことはありませんが、例え弱い馬を買ってしまっても、

多少の収入ならば狙う事も出来るので、

愛馬が健康に走ってくれる事を、願って応援しましょう!

 

では、次回からは実際の所有馬収支を公開していきます🐎

一口馬主の一般的な費用

こんにちは、ジェーです。

 

今日は、僕個人の収支を公開する前に、

一口馬主をやるには、一般的にどのくらい費用が掛かるのか、4つの項目に分け説明します。

 

一般的な収支は調べてるよ!って方は、

次回の一般的な収入記事までは飛ばして下さいね(笑)

 

①クラブ会員費

こちらは、馬を購入するに当たり、

加入しなければならない、会員費です。

現状20を超えるクラブがありますが、

加入費は0円〜3万円前後です。

クラブによっては、キャンペーンで加入費が0円になっているところもあるので、是非確認した上でご加入下さい。

 

そして加入費とは別に、毎月継続費が発生します。

目安としては、加入費の1割ほどで、

毎月1000円〜3000円ほどの出費となります。

こちらも、各クラブで違うので、それぞれのページで確認してみて下さい。

 

②出資額

こちらは、簡単に言うと馬代です。

血統や状態によって、募集価格が大きく変わってきます。

クラブによって傾向は異なりますが、

募集価格を40口〜1万口で割った額が、

一口馬主1人が負担する費用となります。

 

③維持費用

こちらは、エサ代や日々のトレーニング料等、

競走馬を育てる上で、毎月必ず掛かる費用です。

クラブによっては、出資額に含めて募集する所もありますが、一般的には毎月請求が掛かります。

厩舎のランクによって、差はありますが、

1頭当たり、毎月40万円〜120万円です。

牧場での育成期間は安く、トレーニングセンターでの調教期間には、高くなります。

こちらも、40口〜1万口で割った額が、

一口馬主1人が負担する費用となります。

 

④保険料

こちらは、2歳以上になると馬に掛けられる、

生命保険の費用です。

年に1回(12月)に請求が掛かります。

目安としては、馬代のの3%となります。

 

ジェーの参加クラブで言うと、

①会員費1万円+更新1000円

②1/400なので1頭2万5000円ほど

③育成期1000円、トレーニング期2000円ほど

④年に750円ほど

仮に1頭持ちの場合、3年間で12万円ほどの出費となります。

 

まあ、3年間も走る馬であれば、

必ずレースによる収入もあるはずなので、

あくまで出費だけを考えた目安として考えてくださいね🐎

 

第2世代の幕開けの前に

こんばんは

 

社会人4年目に突入したジェーといいます。

 

ジェーが競馬に魅了されたのが5年前。

初めはお金を楽に稼ぎたい。

そんな事を思い、友達とレースを観に行く様になりました。

しかしG1等でカッコよく活躍する馬を観ている内に、純粋に競馬が好きになっていきました。

過去のレースや、馬に携わる話を知っていく内に、いつかは自分の馬を持ち、自分の馬がレースに出走するのを見てみたい。

そして、優勝した時には今馬券で勝つよりも、

きっと比べ物にならない感動が待っているだろう。

 

そう思い馬主を目指しましたが、調べてみると、とても今のジェーには手に届きそうにない条件がズラーッと並んでました。

(継続的に得られる所得金見込が1700万円以上や資産が7500万円以上など)

お金持の方で、一口馬主じゃなく馬主になるぞという方はジェーのブログではなく、

こちらを見て、詳しい条件等を見て下さい。

 

その後も相変わらず、馬主へ憧れを抱いたまま、キタサンブラック北島三郎さん等を羨ましく思っていました。

そんなジェーが一口馬主になったのは1年半ほど前です。

馬主を諦めきれず調べている内に、一口馬主の存在を知りました。

丁度馬券が上手くいっていた事もあり、

数万円で馬主になれるなら是非なりたいと思い、維持費について等はあまり調べずに、

当時回収率が一番高かった、ノルマンディーオーナーズクラブ様へ入会しました。

 

そして現在は2016年度産駒を6頭。

2017年度産駒を3頭所有しております。

 

しかし、実際一口馬主ライフを行ってるいると馬代を回収出来ても、意外と維持費がかさむなーと思った事や、

レースでの収入が増えて来た事もあり、

実際のとこ、一口馬主は儲かるのか。。。

と気になっている方、

趣味として、愛馬を持ってレースや馬主ライフを楽しみたい!

という方に向けて、

実際、一口馬主になるとどのくらいお金が必要なのか。

レースによる賞金はどのくらい貰えるのか。

そういった、リアルな収支を公開していこうと思います。

 

また、愛馬についてレビューする事で、

実際に勝ち進んでいった馬。

勝つ事が出来なかった馬。

選ぶ際、どこに注目し、どこが気になったか。

そんな実体験をと共に、レース結果を公開していく事で、馬選びの参考になればと思います🐎

 

それでは、よろしくお願いします^ ^